中野市南宮I様邸 2×4住宅新築工事


中野市南宮I様邸 2×4工法の新築住宅は、施主様のご希望がたくさん詰まった住宅となりました。


屋根は特殊な”ディプロマットⅡ”を施工しました。1階部分の板壁の塗装は施主様がされ、2階部分は白いジョリパット仕上げとなっています。落ち着いたツートンの外観です。


玄関収納です。鏡に映っている背の高い収納は施主様のアイデアで、お客様用玄関とのよい目隠しにもなっています。

ペレットストーブがあるナチュラルなリビングダイニングは、施主様施工の白いチャフウォールの壁が引き立ちます。

周り階段を上ると吹抜けになった2階のフリールームになります。

さらに階段を上るとロフトと小屋裏収納があります。無駄のない空間利用が出来るのはしっかりした断熱のおかげです。

キッチンはタカラスタンダードのオフェリアで、淡い色づかいの対面式キッチンです。

システムバスはタカラスタンダードのミーナTです。

関連するページを見る: , ,

同じ分類のページを見る:施工実例 木造枠組壁工法(2×4他)