住宅リフォーム 中野市立ヶ花I様邸


中野市立ヶ花I様邸は2世帯がそれぞれの生活を大切にしながら、必要なときには助け合える、素敵なお住まいに生まれ変わりました。

昔ながらの造りの大きく立派な住宅でしたが、間取りの変更に伴い、床下や壁に断熱工事をし、床の段差も解消し、必要な収納スペースも設けたりと、住みやすいお住まいになりました。

吹き抜けを天井にし、玄関クロークを設けた玄関

吹き抜けのあった広い玄関は間仕切りを作り、玄関クロークを設けました。玄関をスッキリと見せることができ、家族にとっては便利なスペースです。

 

畳をフローリングに、障子をブラインドやカーテンに、土壁を白のクロスに変えた部屋

8畳の和室を洋室にしました。以前の収納は1.66m²の押入れのみでしたが、リフォーム後は押入れを3枚戸のクローゼットにし、3.31m²のウォークインクローゼットを設けました。

 

和室の1間をフローリングにしてLDKとワンフロアに

廊下でつないでいたLDKと和室をワンフロアとしました。床の段差も和室の高さに合わせてフラットに仕上げました。

 

ベランダ

2階の南側には屋根の一部を解体してベランダを設けました。

 

アイランドキッチン

壁付キッチンをアイランドキッチンに変え、背面収納や食品庫は使いやすいように配置しました。

 

小屋裏収納
小屋裏部分を利用して収納を設けました。
壁一面に造り付けた収納棚
洗面脱衣室には壁一面を使って棚を造り付けました。

関連するページを見る: , , ,

同じ分類のページを見る:住宅リフォーム 施工実例