新築平屋住宅 長野市豊野町大蔵 T様邸


旧住まいの古民家を解体した時の地松梁材を再利用しした新築住宅です。

コンパクトでオール電化(エコ給湯+深夜電力給湯暖房システム)の住まいは、全体を高くしたおかげで広々とした空間が生まれました。

屋根には太陽光パネル5kwを搭載しました。
旧家にあった梁を加工・手入れをし再利用、新しい材料との取合いや曲がった梁も計算通りです。

LDKから続く一段上がった本格和室、天井は吹き抜けていて梁組が見えます。棟の天井高は5m、平屋とは思えない広い開放的な空間です。

旧家にあったケヤキの無垢一枚板を再利用しました。無垢の質感はいい!

玄関ホールへの格子戸、そこに見える下駄箱など全て無垢の材料で仕上げています。。

寝室にあるロフトは、ベッドルームにも収納ペースとしても利用可能です。高さを有効に利用できます。

関連するページを見る: , ,

同じ分類のページを見る:和風住宅 平屋住宅 施工実例