新築住宅 2×4 中野市S様邸


中野市街地に建つ、2×4 単世帯住宅です。

総2階建て、屋根はフラット瓦、外壁は窯業系サイディングで仕上げています。敷地の両側に隣家が接近していますので、採光を考慮して、一部天窓から明かりを入れています。

玄関ホールは吹抜けになっていて、2階から明かりが入ります。

天窓のあるインナーバルコニーで、洗濯物を干したりする空間です。通常窓の3倍の明るさが取れる天窓によって北面でも明るい空間になっています。

広い子供室、後々子供が成長した時に間仕切りで2室になるように、新築時から計画しています。

使いやすい対面式のキッチンです。食器棚・家電収納はキッチンと同じメーカーで揃えています。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:施工実例 木造枠組壁工法(2×4他)