長野市青木島H様邸 新築住宅 


オール電化・太陽光発電の家この家はオール電化住宅になり、屋根の上には5.85KWの太陽光が設置されております。

外壁はモルタル下地 ジョリパット仕上げ、屋根はS瓦葺です。
樹脂サッシLOW-Eガラスを使用し、外気の影響を受けにくい仕様となっております。


2階ベランダはR形状で仕上げ、リビング前のベランダはウッドデッキで仕上げました。

リビング床は『ケンパス』の無垢材を使用しました。落ち着く暖かい色です。キッチンは30cmタイルを貼っています。

和室には、内山和紙を使用した襖が個性的。折り畳んだ吊り戸を閉めれば、個室になります。

ボールが2カ所ある洗面台は、忙しい朝の込み合いを解消します。間接照明やかわいらしいタイルとこだわりが光ります。

奥様お気に入りの、2階洗面台はかわいく。輸入の手洗い器を使用し、右奥に電気ポットを置くスペースを設けました。

天井の傾斜まで利用したロフトの窓は丸型。ロフト部は板張りで仕上げました。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:一般木造住宅 施工実例