外断熱住宅

冬暖かく、夏涼しい外断熱の信州の木の家

住宅の断熱方法には、一般的に内断熱(充填断熱)工法と、外断熱(外張り断熱)工法があります。
内断熱工法では、断熱材を隙間なく家全体に施工いたします。外断熱工法は、ボード系の断熱材を柱や土台といった構造体の外側に張りめぐらす工法です。
この外断熱により、冷暖房光熱費を抑えるとともに、冬暖かく、夏涼しい信州の木の家が実現します。

外断熱と床下放熱

密閉された外断熱の家に床下放熱器を設置します。これにより、家中が一定の温度に保たれヒートショック対策効果も得られます。また、熱源は電気を主としたヒートポンプによるもので安全性も担保されます。

床下放熱は、エアコンなどの暖房より、足元から温まるので心地よい暖かさによる生活が実現します。デメリットとしては、利用しない部屋まで温まってしまうということです。しかし、寒冷地である中野市を中心とした地域では、外断熱の床下放熱の家をお薦めします。

ゼロ・エネルギーの家についてはこちらから»