中野市豊津T様邸 長期優良 外壁工事①と木工事①


中野市豊津T様邸も建て前から2か月が経ちました。


これは金属系サイディングです。他の外壁材より軽くて地震にも強く、バリエーションも豊富です。

外壁の施工を担当します ㈲ヤマソウさんです。にこやかにしてらっしゃいますが、この日の気温は35℃を超えています。水切り等の前処理の作業をしていらっしゃいました。

”通気胴縁”がタイベックの上に打ち付けられています。写真は分かりやすい物を使っています。かまぼこの形の穴が開いていて、サイディングの施工後に空気が上下に通ります。

外壁は、断熱材が2枚(断熱)→タイベック(防水・防湿)→通気胴縁(空気層)→サイディングとなります。電気の配線がすでに行われています。

室内は、杉の無垢の天井と床も無垢材が施工されていました。

部屋の仕切りが出来、これからどんどん石膏ボードをビス止めします。石膏ボードは耐火性・防音性に優れています。

ボードがたくさん積まれています。1階部分でこれらすべて使用してしまうそうです。大きさを測ったりしながら無駄のないように施工していました。

ちなみに、2階天井から降りて来ていたホース類は太陽光発電システムの物の様です。見えない様に配線するものが見られてちょっと感動しました。

関連するページを見る: , , , ,

同じ分類のページを見る:只今施工中