T様邸 中野市豊津 長期優良 建て前①


中野市豊津T様邸の建て前の様子です
前日に土台を入れます。
株式会社マルオカさんが”プレカット”といって、各材木のパーツごとに”ほぞ”等組み合わせる凸凹の加工をしてくれます。


それぞれを配って、アンカーボルトの穴を開け、ボルトで固定します。

各柱にどこのパーツか書かれています。
長く突き出ているのは”ホールダウン金物”です。土台と柱をしっかり固定するための物です。

翌日は、お日柄も良く、大変お天気の良い建て前日和でした。
12tの大きなクレーン車が青空に伸びていますね。

複雑にプレカットされた木材です。

片流れの大屋根で、夕方には2階屋根もほぼ出来ていました。
一番天辺の棟木(むなぎ)を組み上げることを”棟上げ”と言います。

さて、上棟式の前に社長がいつも造ります、守護神となる御幣(ごへい)です。

夕方、社長が取り仕切り上棟式を行いました。
御幣は中央の通し柱に結わえつけられています。
お施主様、ご関係者様と、ミズケンの大工が参列しました。

順番に拝礼をし、棟梁とお施主様で4方の柱に、お神酒・塩・水で順番に清めました。
さあ、守護神も祀られました、どうか工事の無事を見守りください。

 

関連するページを見る: , ,

同じ分類のページを見る:只今施工中