中野市豊津T様邸 長期優良住宅 基礎工事③


新緑と花々が咲き誇る晴天の中、中野市豊津T様邸のベースのコンクリートを打ちました。
飯山市の有限会社小林商事さんのポンプで、コンクリートの4台目を打ち始めたところでした。

それぞれ役割分担がありますね。左からコテで仕上げをする土屋建築さん、ポンプのホースを巧みに操る小林商事さん、バイブレーターをかける酒井さん、レーキ(で合ってますか?)で高さを均す専務です。


広い空間には、高さの目印のついた鉄筋がありますね(均しの時に抜きます)。外周や立ち上がりの鉄筋にもベースの高さの印をつけて、平らになるように気をつけます。

均しも出来てしまう大工さんの土屋建築さん。「プロに見える?」とおっしゃいますが、私には違いが分かりませんのでプロなのではないでしょうか?

 

暑いなかですが、まだまだ生コンは来ます。頑張ってください!

関連するページを見る: , ,

同じ分類のページを見る:只今施工中