中野市南宮I様邸 2×4 木工事⑤ 断熱材


中野市南宮I様邸の中の工事が進みます。


小屋裏です。前回桑原が空気の通り道の穴を開けたところまででした。

まず、壁面にマットエースというグラスウールを入れます。防音目的の10Kとは違い、24Kと密度の高い物で、断熱目的です。

2階の天井にもはめ込みます。タッカーでところどころ留めます。

マットエースが入れられない狭い隙間は、発泡ウレタンを注入します。

天井はマットエースの次に、外と同じミラフォームをビス留めします。隙間を防水テープでふさいで、補強の木端で留めてあります。ミラフォームと木部の隙間にはコーキング剤を埋め込み、ビスにも錆止めのためにコーキング剤を塗ってあります。

壁部には、防湿目的のビニールシートを張ります。この上に石膏ボードを張ります。

小屋裏は天井下地で少し下げ、石膏ボードを張ります。

今回の木工事は、ここまでになります。
梯子が怖いので、早く階段が出来ないかな・・・だいぶ慣れましたけども・・・

関連するページを見る: , ,

同じ分類のページを見る:只今施工中