中野市中野K様邸 長期優良住宅新築工事 基礎工事②と土台


中野市中野K様邸の長期優良住宅新築工事の基礎工事の様子です。
住宅部分と物置部分と2棟分の基礎を頑張ります畔上工業さんです。


立ち上がりの基礎枠を組み立てています。この日はお一人で黙々と作業されてました。

立ち上がり部分のコンクリートが打設されました。住宅部分の外周の基礎には断熱材が内外に施工されています。

外側は防蟻用の断熱材を入れております。土間部分は均してコンクリートを入れます。

外側部分に断熱材を敷いて、防水シートも敷いてから土間の鉄筋を組みます。施工の仕方は違いますが、仕様は同じですね。赤い矢印までコンクリートが入ります。

土台の下に気密用のスポンジを入れます。

アンカーボルトを通す穴を開ける作業を見せていただきました。先生はミズケンの大工小林さんです。まず位置を合わせます。

アンカーボルトの両脇に印を付けます。

アンカーボルトの中心を出し、墨出しラインから〇mm内側になるか図るとその位置が穴の位置です。

土屋建築さんは火打ち土台を土台にカッコよくドリルで穴を開けてます。

ちなみにこの大きな木槌のことを”掛矢(かけや)”というそうです。
「作業場から”かけや”持って来て」と言われて、弓矢を想像しました。いったい何に使うのか、そんなもの作業場にあっただろうか、?マークが浮かびまくりでしたが、ひとつ覚えました。でもなぜ”矢”が付くのでしょうか。日本語も難しいですね。。。

関連するページを見る: , , ,

同じ分類のページを見る:只今施工中