中野市安源寺S様邸新築工事 上棟式・躯体工事ほか


中野市安源寺S様邸新築工事

上棟式を執り行いました。
棟上げまで終了したことに感謝して、建物が無事に完成することを祈願します。
中野市安源寺S様邸

 

柱の外側に断熱材を張っていきます。

屋根工事が進み、瓦が葺かれています。

図面を見ただけではなかなかわからなかったこちら。
ちょうど玄関の上に位置しています。冬の雪を見越して工夫された造りになっています。

構造を補強する役割がある筋交いが入りました。

大引き(手前から奥に伸びている木材)を入れ、端は土台に留められています。
鋼製束で基礎のない部分の床を支えます。

大引きと垂直に配置されている根太は、床の重みを大引きに伝える役割があるそうです。

関連するページを見る: , , , , ,

同じ分類のページを見る:中野市安源寺S様邸 只今施工中