長野市柳町F様邸新築工事 2×4 断熱


窓枠と壁の隙間は発泡ウレタンで塞ぎ、気密性を確保します。
写真中央から下にあるビニールなようなものは、壁の中の結露を防止するための防湿シートだそうです。
「中途半端な断熱は壁の中が結露してしまう」とは社長の言葉です。普通に生活していて考えたこともありませんでした。
長野市柳町F様邸

 

壁に断熱材を隙間なく施工します。
こちらの断熱材は高性能グラスウール24Kで高性能です。
24Kは密度を表しています。
長野市柳町F様邸

 

この他より細い部分の断熱材はどうやって切っているのでしょう?
切り口がきれいなので、ちぎっているわけではなさそうです。
そして、このスカスカでもなく、ギューギューでもない、スッポリはまっている感じ、見ていて気持ち良いですね。
長野市柳町F様邸

断熱材はどうやって切っているのでしょう?
→特別な道具があるわけではなく、みなさんも使ったことのあるカッターで切っているそうです。笑
それでもきれいに切るのは大変なのだそうですよ。

 

ツーバイフォー住宅の特徴のひとつに「気密性の高さ」とあるのですが、納得ですね。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:只今施工中