長野市豊野町 野立て太陽光発電システム工事始まりました。


長野市豊野町で野立ての47kw太陽光発電システムの工事が始まります。年間の売電金額はシミュレーションよりも多い190万円ぐらいを想定しています。20年間は売電価格が固定されていますので、設備投資費用は10年弱程度で回収でき、後は年間収入が期待できます。

まずは、太陽光パネル架台の基礎工事です。最低でも20年はもたせる基礎でないといけません。72個のしっかりした独立基礎が並び、この上に架台フレームを設置します。


この円柱のボイドの中にコンクリートを流し込みます。中に見えるのはコンクリートの中に入ってしまう鉄筋です。

 

KIMG0158-1

しっかりした基礎が出来上がりました。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:スタッフブログ 社長ブログ