アーティフィシャルフラワー/仏花


精工に作られた造花をアレンジメントしたアーティフィシャルフラワーは、奥さんが時々頼まれたりして作っています。アレンジメントの展示会も年に一度ほど開催していました。今年はそろそろ準備に入っている様です。

今回は仏様へのお花のアレンジです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
花瓶に重石代わりの粘土を詰めた後、オアシスをキッチリはめ込みます。

長さを合わせてペンチで切り落とし、いらない葉っぱなども切ってしまいます。

奥さんの頭の中のイメージをどんどん形にしています。

出来あがりました。今回は箱に入れて発送するため少し小ぶりですが、普段はもう少し高めに作っていますね。

送る人の年齢などを考慮されて、お花の色や種類も毎回違って素敵なんですよ。
ちなみに、お値段は15,000円かな、との事。ホコリに気をつければ、いつまでもこのままのフラワーアレンジメント。生花でもそのくらいしちゃいますよね。水も替えないで良いし、欲しいな。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:スタッフブログ