長野県中野市 西澤様邸

2015.01.20 お客様の声, ブログ

長野県中野市 西澤様邸

私たち家族は今年8月に15年過ごした長野市での社宅から酷暑の中、中野市七瀬の新居へ引越して来ました。

  10年程前に土地を購入し、数年前から建築計画をしてはいましたが工法や間取りは昨年末から考えはじめました。 私たちは、 外断熱で自然素材を使用した健康住宅を建てたいと思っておりました。検討の末、ソーラーサーキット工法にすること、ハウスメーカーには 依頼しないで地元の工務店にお願いすることとしました。その結果㈱ミズケンさ んとの出会いとなりました。

  新居は将来のメンテ費用を考え、外壁は落ち着いたダークレッド色のパネル式レンガ、屋根は瓦を勧められましたが、積雪のことや重さのことを考慮して、焦げ茶色のフッソ加工のガルバニュウム鋼鈑としました。2階建ての1階の床は檜の無垢材を張っていただきました。
  又、 1、2階の腰壁も檜の無垢材を使いました。腰板は節ありでもいいですと伝えておりましたが節もほとんど無く柱、土台は杉とヒバでお願いしておりましたが、ミズケンさんのご好意で檜 を使っていただき大変感謝しております。檜は木材のうちで一番波動が高いとのこと、また長野県では 檜材が好ま れるそうですが、檜をふんだんに使っていただき、ドアを開けるたびに家中檜の香りでいっぱいです。
  又、足の裏の感触も良く 自然のエネルギーを受けるような気がします。今では2階も檜の床にすれば良かったと思っています。これから家を建てる方はぜひ無垢の檜材を 使ってみてください。

  壁はホタテの貝殻を粉にしたものと籾殻を使ったチャフウォールという壁材を使って頂きました。私達には未知の素材でしたが チャフウォールはホルムアルデヒドを吸着、MRSA等のバイ菌にも効果があるとのこと、社長さんが病院の待合室にも使っているというので 即決めました。色の種類があまりないのが難点ですがチャフウォールを1階、2階と使っているためシックハウス病とは無縁の日常生活を送って おります。又、トイレの臭いも少ないような気がして快適です。

  ソーラーサーキット工法ということで灯油タンク1台、暖房と給湯のボイラー2機で、暖房ヒーターは床下に4ケ所、2階 にパネルヒーターを 3ケ所設置して頂きました。室内に他の暖房器具はないのですが十分と言われております。結露も全くなく、11月現在、今のところ大丈夫です。
  以前住んでいた社宅では毎朝窓の滝のような結露とカビで悩んでいたのが嘘のようです。但し厳寒期の室内温度が確保できるかどうかが 一番の関心事です。

  家を建ててみて少し気になることもいくつかはありますが、概ね希望どうりの家が出来たと家族共々大変満足しております。

  4月1日の地鎮祭から8月7日の入居までの間、住居が長野市のため一週間に1度くらいしか来れませんでしたが、来るたびに後片付けが キチンとされていてうれしかったです。それから、わが家の完成見学会のチラシを知人より見せてもらったところ注意書きに施主への心遣いが 感じられとてもうれしかったです。そしてなによりも私たちの希望をかたちにしてくださった㈱ミズケンさんに感謝しております。

これからもメンテナンス等でお世話になると思いますがよろしくお願い致します。

nishizawa1 nishizawa2nishizawa3 nishizawa4

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:お客様の声 ブログ